ネット動画の時代

インターネットの普及によって、今までのコミュニケーションの形が大きく変わっています。
今までは、みんなが同じ時間帯にテレビの前にいるという光景が多く見られていました。しかし、現在はそういう光景はみられません。
大体、テレビコンテンツの多くは、データで保存して自分が好きな時間帯に見るというスタイルが定着しています。

これの意味するところは、レガシーメディアにCMを出稿してもまともに見てくれないということです。当然、母数が莫大な数字なので、数字の上では見てくれるわけですが、本当のところは分かりません。
面白いCMならまだ、アテンションが取れるかもしれませんが、広報映像のようなコンテンツは、もはやテレビに出しても見てもらえません。
そこで、データセンターを活用して、インターネット上でストリーミング再生できる動画を配信することをオススメします。

データセンターというものは、大量にサーバーを設置した設備です。主にサーバーの容量を貸したりするのが事業の内容です。
データセンターの特徴は、設備の堅牢性と、情報秘匿性の高さです。
企業の広報映像をネット上にアップロードしてもダウンロードされてしまいますから、それを防ぐ意味でもデータセンターを使用してのストリーミング再生は有効なのです。
ストリーミング再生なら容易にダウンロードできませんし、設備によってはストリーミング動画がダウンロードできないような仕組みを導入しているところもあります。